エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

  • 会社概要
  • サイトマップ

無料資料請求

  • ライジングの家づくり
  • 手が届く「無垢の家」
  • 平屋の家づくり
  • 平屋みたいな2階建て
  • 標準仕様Nシリーズ
  • 優れた住宅性能
  • 施工例ムービー
  • イベント情報
  • 家づくりスタッフ紹介
  • 家づくりブログ

エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

メニューを開くボタン

ZEH?BELS?長期優良住宅?様々な性能評価基準を解説!

住宅の性能評価基準ってなに?

住宅に「性能評価基準」というものがあることをご存知でしょうか?

住宅の性能を表す「性能評価基準制度」は、平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいて、住宅の省エネルギー性や耐震性などの性能基準をより明確に表示することを目的に行われています。

また、「性能評価基準制度」の他にも、「長期優良住宅認定制度」や「低炭素建築物認定制度」など、住宅の性能を表す様々な基準が存在しています。

この記事では、最近特に注目を浴びている「ZEH(ゼッチ)」、「BELS(建築物エネルギー性能表示制度)」、「長期優良住宅」を中心に解説していきます。

ZEH(ゼッチ)

ここでは、ZEHの概要やメリット・デメリットについて解説します。

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)の略で、すごく簡単に言うと「省エネ性能や断熱性に優れた住宅」という意味になります。

ZEHを構成する3つの条件

ZEHの家は、以下3つの条件を満たすことで、創り出すエネルギー(電力)が消費するエネルギーを上回る住宅のことを指します。

  • ○断熱:断熱性能をアップしてエネルギーロスを最小限化
  • ○省エネ:HEMSや省エネ性能の高い機器の導入
  • ○創エネ:太陽光発電で電気を創り出す

また、より上位の評価基準として「ZEH+」も存在します。

ZEH住宅のメリット

ZEH住宅の最大のメリットは「エネルギーの自給自足が可能になる」ということです。もっと分かりやすく言うと、「電気代が掛からなくなる」ということです。

またZEHの基準を満たした住宅には「ZEHマーク」が表示されます。新居をご購入する場合など参考にされてみてはいかがでしょうか。

ZEH住宅のデメリット

ZEH住宅のデメリットは、初期費用が高額になりがちという点でしょう。太陽光発電もシステム容量によりますが100~150万円程度はかかりますし、HEMSや省エネ性能に優れた家電機器にも費用がかかります。

ただし、2019年現在、国はZEHの普及を推進しており、補助金などの支援を行っています。補助金を使うことで、ZEHにかかる費用を抑えることができます。

BELS(建築物エネルギー性能表示制度)

ここでは、BELS(建築物エネルギー性能表示制度)の概要やメリット・デメリットについて解説します。

BELS(建築物エネルギー性能表示制度)とは?

BELS(ベルス)は、「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略で、住宅の省エネ性能を星マークなどで分かりやすく表示する制度です。正式名称を「建築物エネルギー性能表示制度」と言います。

BELSで評価される住宅の省エネ性能は、以下の2つです。

  • ○外皮性能
  • ○一次エネルギー消費量(給湯、冷暖房、換気、証明設備の消費エネルギーを合算)

BELS(建築物エネルギー性能表示制度)のメリット

BELSのメリットは、住宅の省エネ性能が明確にわかるということです。住宅の省エネ性能は、本来は専門的な知識がないと判断が難しいですが、BELSの評価基準によって知識がない方でも星の数で明確に判断することができます。

BELS(建築物エネルギー性能表示制度)のデメリット

BELSのデメリットとしては、通常の住宅に比べて初期費用が高い点が挙げられます。ただし、ZEHと同じように補助金を活用することで、このデメリットはある程度クリアすることができます。

長期優良住宅

ここでは、長期優良住宅の概要やメリット・デメリットについて解説します。

長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、その名の通り長く安心して快適に暮らせる住宅のことで、平成21年に施行された「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアした住宅のことを指します。

「長期優良住宅」の認定基準は以下の9つです。

  1. ①バリアフリー性(将来的なバリアフリーリフォームへの対応)
  2. ②間取りなどの可変性
  3. ③耐震性(耐震等級2以上、免震建築物など)
  4. ④省エネルギー性(省エネルギー対策等級4以上)
  5. ⑤劣化対策(劣化対策等級3相当、330mm以上の床下空間を確保)
  6. ⑥住戸面積(1フロア最低40m2以上/一戸建て:75m2以上)
  7. ⑦居住環境(良好な景観、地域の居住環境の維持や向上)
  8. ⑧維持保全計画(定期的な点検・補修)
  9. ⑨維持管理・更新の容易性

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅のメリットは、以下が挙げられます。

  • ○住宅ローンの控除(最大控除額:10年間で500万円)
  • ○不動産取得税の控除額が100万円アップ(一般住宅1200万円に対し長期優良住宅は1300万円)
  • ○登録免許税が不動産価格の0.1%に優遇(一般住宅は0.15%)
  • ○固定資産税が2分の1になる減額措置期間が延びる(戸建:5年間、マンション7年間)
  • ○条件を満たせば補助金が出る場合もある

長期優良住宅のデメリット

主に税金面でメリットが大きい長期優良住宅のデメリットは、申請手続きが少し複雑であるという点です。「長期優良住宅建築等計画等」の作成から、「所管行政庁から認定通知書受理」まで7つの工程があります。

個人でやるのは少し大変だと思いますので、認定を受けたい場合はハウスメーカーや住宅会社に申請を依頼すると良いでしょう。

その他の評価基準

ここでは、上記で紹介しきれなかった評価基準を一覧でご紹介します。

  • ○耐震性
  • ○火災に対する安全性
  • ○柱・土台などの耐久性
  • ○低炭素建築物
  • ○性能向上計画
  • ○省エネ適合性判定
  • ○高齢者や障害者への配慮
  • ○シックハウス対策や換気性能

性能評価基準を満たした家づくりなら「As・Rising」へ!

この記事では、住宅の性能評価基準として、主に「ZEH(ゼッチ)」、「BELS(建築物エネルギー性能表示制度)」、「長期優良住宅」の3つにスポットを当ててご紹介してきました。

また、最後にご紹介した通り、この3つの他にも性能評価基準はまだまだあります。

もし、これから熊本県内でお家を建てようと思っている方で、

「それぞれの性能評価基準のメリットをもっと詳しく知りたい!」
「ZEHや長期優良住宅などを満たした家を建てたい!」

などのご要望がありましたら、熊本県の住宅会社「As・Rising」までお気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせ・資料請求|エーエス・ライジング株式会社

Call:096-334-0924

AsRising エーエス・ライジング株式会社
熊本県熊本市南区江越2丁目9−20
TEL:096-334-0924
URL:https://asrising.co.jp/
心から「建ててよかった」と思える家づくり。エーエス・ライジングは熊本のハウスメーカーです。新築・注文住宅・平屋・自然素材・無垢材の家・ZEH(ゼッチ)の家をご満足いただける価格と品質でご提供致します。エーエス・ライジングはより快適で理想の暮らしをご提供する住宅会社です。
エーエス・ライジング株式会社は、熊本のハウスメーカーです。一戸建て新築注文住宅・住宅ローンやライフプランのご相談・土地探しまでトータルサポートいたします。住宅性能がよく、お求めやすい価格で設計士と作るデザイン住宅・平屋まで、熊本のお客様の理想の家づくりをお手伝いさせて頂きます。また、完全自由設計の注文住宅なので経験豊富なスタッフがお客様にベストなプランや間取りをご提案いたします。ライジングはZEH(ゼッチ)ビルダー登録済ですので光熱費を抑えた、快適で環境に優しいエコな家づくりもおまかせ下さい。

©COPY RIGHT AsRising All Right Reserved produced by takec INC.

  • Call:096-334-0924
  • 資料請求
  • ページトップ