BLOG

ZEH住宅ってなに?ゼッチの定義や種類!メリットや補助金も

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEHとは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略語で、簡単に言うと「消費するエネルギー」と「創り出すエネルギー」の和をゼロ以下にする住宅のことを指します。

つまり、ZEHを完全に実現した住宅では、電気代(光熱費)がかからないということになります。

ZEH住宅の条件

ZEHを実現するための条件には、「断熱性」、「創エネ」、「省エネ」という3つがあります。

断熱性

まず重要になるのが住宅の断熱性能を向上させることです。住宅の断熱性能が向上すると、省エネが格段に行いやすくなります。

断熱性が高いと、室内は外気温(暑い、寒いなど)に影響されにくくなります。そのため、エアコンや床暖房といった冷暖房機器の消費エネルギーも少なく済むのです。

創エネ

創エネとは、住宅の屋根に太陽光発電システムを設置して、エネルギー(電気)を創り出すことを指します。

太陽光発電によって創った直流の電気は、パワーコンディショナーで交流の電気に変換され、家庭内で使用できるようになります。

ZEHを実現するうえで、消費エネルギーを抑えるだけでなく、自らエネルギーを創り出す「創エネ」がとても大切になります。

省エネ

省エネは、消費電力と太陽光発電などで創るエネルギーを確認することができる「HEMS」や、エネルギー効率が高いエアコンなどの電化製品を導入して、エネルギー消費を抑えることを指します。

ただし、いくら高効率機器を導入したとしても、住宅の断熱性能が高くなくては、大きな効果は期待できません。

ZEH(ゼッチ)の種類

ここからは、ZEH(ゼッチ)の種類についてご紹介していきます。

ZEH(ゼッチ)

ZEH(ゼッチ)は、以下のように定義されています。

  • ○「断熱」+「省エネ」により「20%以上」の一次エネルギー消費量削減
  • ○「創エネ」を加えて「100%以上」の一次エネルギー消費量削減

つまりZEH(ゼッチ)は、年間の一次エネルギー消費量を「0%以下」に抑える住宅のことを指します。

Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)

Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)は、以下のように定義されています。

  • ○「断熱」+「省エネ」により「20%以上」の一次エネルギー消費量削減
  • ○「創エネ」を加えて「75~100%未満」の一次エネルギー消費量削減

つまり、Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)は、年間の一次エネルギー消費量を「25%~1%」に抑える住宅のことを指します。

ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)

ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)は、以下のように定義されています。

  • ○「断熱」+「省エネ」により「20%以上」の一次エネルギー消費量削減
  • ○「創エネ(再生可能エネルギー)」は未導入でも良い

つまり、ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)は、年間の一次エネルギー消費量を「80%以下」に抑える住宅のことを指します。

ZEH住宅のメリット

ここからは、ZEH対応住宅のメリットについてご紹介していきます。

電気代(光熱費)の削減につながる

まず、上記でもお伝えしてきたとおり、ZEHは年間の一次エネルギー消費量を減少させる住宅です。そのため、当然ながら電気代(光熱費)も抑えることができます。

ZEHの種類にもよりますが、100%以上の削減を行うZEHを導入すれば、理論上は光熱費はかからなくなります。

停電時でも電気を使える

創エネとして太陽光発電システムを設置するZEHは、停電時でも晴れている日であれば電気を使うことができます。災害時の停電に備えたいと思っている人も、ZEH対応住宅はオススメです。

ヒートショックなどの予防に繋がる

断熱性能が高いZEHの住宅では、住宅内部の温度差が少なくなるため、冬場のお風呂場で起こりやすいヒートショックなどの予防につながるというメリットもあります。

ヒートショックは特に高齢者の方に起こりやすいので、高齢者が暮らす二世帯住宅などの場合は、ZEHは特にオススメです。

ZEH補助金の条件

ZEHには、国からの補助金も支給されています。

ZEH補助金の金額

2020年度のZEH補助金はまだ決定されていませんが、環境省が発表した方針などを参考に支給額を予想していきます。

  • ○補助金額:定額60万円/戸(予想)
  • ○蓄電システム補助:2万円/kWh(補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い額)
    ※ZEHと同時に蓄電システムを導入した場合の補助金

ZEH補助金の支給条件

ZEH補助金の支給条件としては、冒頭で述べた「ZEH」住宅の条件を満たした上で、

①住宅を新築する人
②新築建売住宅を購入する人
③自己所有の既存住宅を改修する人

上記①~③のいずれかに当てはまり、かつ「ZEHビルダーまたはプランナーが設計、建築、改修または販売を行うZEH」であることと、「所有者が自ら居住する戸建て専用住宅」であることが条件として求められています。

ZEH対応住宅を建てるなら「As・Rising」へ!

熊本県の住宅会社「As・Rising」では、ZEH住宅を建てる要件である「BELS星5相当」が標準仕様です。

「どうせなら、電気代もお得で快適なZEHの家を建てたい」

と思っている方は、ぜひ「As・Rising」までお問い合わせください。
ZEH補助金についても、詳しく解説させて頂きます!

>>お問い合わせ・資料請求|エーエス・ライジング株式会社

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ