BLOG

高気密・高断熱の家はなにが良い?メリット・デメリット

そもそも高気密・高断熱の家って?

高気密・高断熱の家のメリット・デメリットについて紹介する前に、「そもそも高気密・高断熱の家って何?」という部分を解説していきます。

高気密=空気の出入りが極めて少ない家

高気密とは、空気の出入りが極めて少ない家のことを指します。「それって普通じゃない?」と思うかもしれませんが、家はドアや窓を閉めていても、壁や天井、窓枠、床などにほんの少し隙間があり、そこから空気が出入りしていることがあります。

高気密の家は、そういった隙間を極力減らすことで、空気の出入りをほぼ無くすことに成功した家というわけです。

高断熱=熱の出入りが極めて少ない家

高断熱の家とは、壁の中に断熱材を入れるなどして、家の中と外の熱(気温)の移動を極力減らした住宅のことを指します。断熱性能が高いほど、家の中の気温が外の気温に左右されにくくなるというわけです。

高気密・高断熱の家を建てるメリット

ここからは、高気密・高断熱の家を建てるメリットをご紹介していきます。

冬でも家の中が暖かい

高気密・高断熱の家を建てるメリットとしてまず挙げられるのが、「冬でも家の中が暖かい」という点です。これは、正確には暖房などで温めた空気が外に逃げない(外から冷たい空気も入ってこない)ため、部屋の中が暖かいということです。

同じように、夏場は冷やした空気が外に出ない+外からの暑い空気が入りにくいため、効率的に部屋の中の温度を保つことができます。また、高断熱効果で、壁や屋根などからの放射熱の影響も最小限に抑えることができます。

冬場はヒートショックの予防になる

高気密・高断熱の家は、ヒートショックの予防にも繋がります。ヒートショックとは、冬場に気温が高いリビングなどから、寒いお風呂場へ急に移動することで、血圧が急変動し、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる現象のことを指します。

高気密・高断熱の家であれば、家の中の温度差を均一に近づけることができるので、ヒートショックを起こりにくくすることができます。

夏場は家の中の熱中症予防になる

最近、夏場に家の中で熱中症になる人が増えてきています。これは、日本の夏の気温が上がってきているせいもありますが、家の中でエアコンを使っていなかったり、気密性や断熱性が低く外気温の影響を受けやすいことが原因として考えられます。

高気密・高断熱の家にすることで、エアコンで冷やした空気が外に逃げにくくなり、熱中症予防としての効果も期待できます。

省エネ効果が期待できる

高気密・高断熱の家では、これまで紹介してきた通り、熱や空気が外に漏れていかないため、暖房や冷房の効果を高めることができます。これによって、より効率的に室内の温度を一定にできるため、省エネにもつなげることができます。

高気密・高断熱の家を建てるデメリット

ここからは、高気密・高断熱の家を建てるデメリットにも触れていきましょう。

普通の家よりコストがかかる

高気密・高断熱の家は、高気密・高断熱仕様の材料や工事が必要なため、通常の家を建てる場合よりもコストが高くなってしまいがちです。高気密・高断熱の家を建てたいと思っている方は、予算に注意しておいたほうが良いでしょう。

結露対策が必要なケースもある

高気密・高断熱の家では、壁に埋め込んだ断熱材と柱の間に隙間ができ、結露が発生してしまう壁内結露と呼ばれる現象が発生する可能性があります。壁内結露が発生すると、建物にカビが生えたり、劣化してしまったりする危険があります。

対策としては24時間換気システムなどを活用して十分に換気を行い、空気に含まれる湿気を排出することです。また、窓の断熱性を高め、ガラスやサッシの結露を防止することも大切です。

石油ストーブを使用するのは危険

高気密の家では、石油ストーブを使うと室内の二酸化炭素濃度が上がってしまうため、使用はオススメできません。使用する場合は定期的に窓を開けるなどして換気が必要ですが、窓を開けてしまうと高気密の家を建てた意味がなくなってしまいます。

そのため、高気密・高断熱の家に住む場合は、使用できる暖房器具が限られることを覚えておきましょう。

臭いがこもりやすい

高気密・高断熱の家では、生ゴミなどの臭いが外に出ていかず、こもってしまう場合があります。換気扇や消臭剤を設置するなどして、あらかじめ対策をしておいたほうが良いでしょう。

シックハウス症候群対策が必要

シックハウス症候群とは、家具や壁などから発生するハウスダストや、ダニ、カビなどが原因で、吐き気やめまいなどの不調をきたす症状のことを言います。

とくに外部との空気のやりとりが少ない高気密・高断熱の家では、このハウスダストへの対策が必須と考えたほうが良いでしょう。

住宅会社に高い技術や経験が求められる

高気密・高断熱の家を実現するためには、住宅会社にも高い技術や経験が求められます。そのため、「依頼する住宅会社・ハウスメーカーはどこでもいい」というわけではないので、実績などを見ながらしっかりと選ぶ必要があります。

高気密・高断熱の家を建てるなら「As・Rising」にお任せ!

熊本県の住宅会社「As・Rising(エーエス・ライジング)」では、高気密・高断熱の家を標準仕様としてご用意しております。

「熊本県で高気密・高断熱に優れた家を建てたいなあ……」

こう思っておられる方は、ぜひ熊本県の住宅会社「As・Rising(エーエス・ライジング)」までお問い合わせください。

>>お問い合わせ・資料請求|エーエス・ライジング株式会社

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ