BLOG

注文住宅と建売住宅は何が違う?メリット・デメリットを徹底比較

注文住宅と建売住宅の違いは何?

はじめに、注文住宅と建売住宅の違いについて解説していきます。

自由な設計で建築できる「注文住宅」

「注文住宅」は、建売住宅に比べて施主(家を建てる人)の自由な設計で建築できることが最大の特徴です。具体的には、家の外観デザインや構造、間取り、内装などあらゆる点を施主の要望通りに決めることが可能です。

なお、「注文住宅」の場合、家を立てたい場所に土地を購入する必要もあります。

決められた間取りの「建売住宅」

「建売住宅」は、ハウスメーカーや工務店が、あらかじめ家を建てておき、土地付きで販売する形態の住宅のことを指します。

施主の要望に沿って家を設計していく注文住宅に比べると画一的な住宅になりやすいですが、購入前に価格がはっきり分かっているなどのメリットもあります。

注文住宅と建売住宅の中間のような「規格住宅」

住宅の種類にはもうひとつ、「規格住宅」が存在します。

「規格住宅」とは、ハウスメーカーや工務店があらかじめ用意している間取りプランを元にして、好みのデザインや設備を選んで建てる家のことを指します。

土地に関しては注文住宅のように家の購入者側が用意する必要があり、建てる家の自由度は注文受託と建売住宅の中間といった具合になっています。

この記事では主に注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットについて触れていきますが、もうひとつの選択肢として「規格住宅」があることも忘れないようにしましょう。

注文住宅のメリット

ここからは、注文住宅のメリットについて解説していきます。

家の設計や間取りを自由に決められる

冒頭でも記載した通り、注文住宅のメリットしてまず挙がるのは、家の設計を施主が自由に決めることができる点です。

例えば、「和モダンな家にしたい」や「カリフォルニアスタイルの家にしたい」などの希望がある場合や、こだわった間取りや住宅設備を設置したい場合は、注文住宅が最適です。

将来のリフォームを考えた設計にできる

注文住宅なら、将来的にリフォームしやすい家にすることも可能です。

既に完成している建売住宅では、将来的なリフォームのことまで考慮されていない可能性があるため、将来的なリフォームまで視野に入れている方は注文住宅がオススメです。

家が出来上がっていく過程を見ることができる

既に出来上がっている家を購入する建売住宅とは違い、注文住宅は施主とハウスメーカーが打ち合わせを行って、どんな家にするのかしっかり決まってから家を建て始めます。

そのため、家を建てていく工程を最初から見ることができるため、「自分が家をつくっている」といった感覚を味わえるでしょう。また、別の視点から考えると、住宅会社がしっかりと建築工事を行ってくれているか、各工程ごとにチェックすることもできます。

注文住宅のデメリット

ここからは、注文住宅のデメリットについて解説していきます。

こだわると建築費用が増えてしまう

注文住宅のデメリットとしては、デザインや素材などにこだわった家にしようとすると、高額な予算が必要になるという点です。

ただし、施工を依頼する住宅会社と相談して、あらかじめ決めておいた予算内で収まるように調整することは可能です。

設計や見積もりで時間がかかる

注文住宅は施主の要望に沿って家を設計するので、必然的に建売住宅よりも打ち合わせ回数が増えて全体的に時間がかかります。

家を建てる期間は、弊社As・Risingの場合ですと、スムーズに進んだとして最短でも5ヶ月は必要となります。

家づくりの詳しい手順については、以下の記事をご覧ください。

>>家づくりの流れを大公開!【前編】ご相談~着工まで|エーエス・ライジング株式会社

>>家づくりの流れを大公開!【後編】着工~完成まで|エーエス・ライジング株式会社

住みたい場所の土地が買えるとは限らない

注文住宅は土地から購入する必要があります。そのため、住みたいエリアに土地を購入できるかどうかも重要な要素となります。

熊本県内で注文住宅を建てる方で、これから土地を探そうという方は、以下の記事を参考にしてください。

>>注文住宅を諦めない!熊本県でいい土地を探すコツや注意点|エーエス・ライジング株式会社

>>いい土地の選び方はコレ!8つのポイントから解説|エーエス・ライジング株式会社

建売住宅のメリット

ここからは、建売住宅のメリットについて解説していきます。

あらかじめ価格が明確なのでローンが組みやすい

建売住宅の場合、あらかじめ販売価格が「2,500万円」や「3,000万円」といった形で明確になっています。そのため、予算にあわせて購入がしやすく、住宅ローンを借りる場合も注文住宅よりスムーズな場合が多いです。

注文住宅に比べて打ち合わせが少ない

建売住宅のメリットとして、注文住宅に比べて打ち合わせが少ない点があげられます。また、実際に住み始めるまでにかかる期間も、建売住宅の場合はローン審査が通って売買契約が終われば、すぐに入居できるのも魅力です。

建売住宅のデメリット

ここからは、建売住宅のデメリットについて解説していきます。

既に家のデザインが決まっている

建売住宅はハウスメーカーや工務店があらかじめ建ててある家を購入するので、希望のデザインに変更したりすることはできません。

個性のない住宅になりやすい

建売住宅は手頃な価格で抑えるために、設備や素材などをほどほどにしているケースが多いです。また、デザインも無難にまとまっている場合が多く、個性がない画一的な住宅になりやすいといった特徴もあります。

将来的なリフォームが考慮されていないことも

建売住宅では、将来的なリフォームまで設計して建てられていない場合が多くあります。将来的なリフォームを検討している場合は、注文住宅のほうがオススメです。

建築過程をチェックできない

建売住宅は、建物が建つまでの工程はチェックすることができません。そのため、万が一手抜き工事などが行われていても、購入者側が見抜くことは不可能です。

熊本で注文住宅を建てるなら「As・Rising」へ

この記事では、注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリットについてご紹介してきました。

「熊本県内で、こだわった外観や内装、間取りの家に住みたい!」
「すでに熊本県内で住みたいエリアが決まっている」

上記のようなことをお考えの場合、熊本県の住宅会社「As・Rising(エーエスライジング)」までお問い合わせください。

「As・Rising」では、お客様が「建ててよかった!」と心から思える家づくりを目指して、日々励んでいます。「平屋みたいな2階建て」をはじめとするモデルハウス内覧会も開催していますので、熊本県で注文住宅を建てたい方は、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ