BLOG

家の寿命を決める基礎工事とは?基礎工事の種類や流れを解説

そもそも「基礎工事」とは?

基礎工事とは、住宅(建物)と地面のつなぎ目の役割を果たす「家づくりの土台」となる基礎部分を作る工事のことです。しっかりとした基礎工事をしないと、地震などの際に家が倒壊する危険性が高まります。安心して住み続ける住宅にするためにも、基礎工事はとても重要な要素なのです。

基礎工事の種類

日本で行われている基礎工事には、いくつかの種類があります。

ベタ基礎

ベタ基礎は、最近では一般的になりつつある基礎工事方法で、住宅の土台となる範囲にコンクリートを敷きつめて、住宅の底を支えます。ベタ基礎の特徴は安定性が高いことで、地震が起こったときの揺れや、不同沈下(建物が一方向に沈下すること)を防ぎやすいとされています。

また、地面からのシロアリの侵入を防げるといったメリットもありますが、コンクリートを多く使うため、他の基礎に比べると費用が高くなる傾向にあります。

杭基礎

杭基礎は、基礎工事の前に行う地盤調査で軟弱と判断された地盤に行う基礎工事方法です。軟弱な地盤に基礎をつくっても安定しないため、数メートルほど深くにある硬い地盤に対し杭を打ち込んで、地震がおきた際も地盤の液状化現象を防ぐことができる安定した基礎を作ります。

なお、杭基礎には以下のさらに2種類があります。

○場所打ち杭工法:地盤に穴を掘り鉄筋を挿入することで杭を作る工法です。
○既成杭工法:既製品の杭(コンクリート杭・鋼杭など)を地盤に埋め込む工法です。

布基礎

布基礎は、ベタ基礎のように床下全体にコンクリートを敷きつめるのではなく、建物の負荷がかかる住宅の壁沿いに鉄筋コンクリートを打設していく基礎工事方法で、日本の木造建築住宅で昔から採用されています。

ベタ基礎との対比でよく使われるのは、ベタ基礎が「面」で建物を支えるのに対し、布基礎は「点・線」で建物を支えるという表現です。なお、布基礎はベタ基礎に比べて使用するコンクリートが少ないため、コストを安く抑えられるメリットもあります。

独立基礎

独立基礎は、建物の柱を単独で支える基礎のことで、住宅では主に玄関ポーチの柱などで使用されます。なお、非住宅建築物では、多くの場合で独立基礎が採用されています。

基礎工事の流れ・工程

ここからは、基礎工事の流れ・工程について順番に解説していきます。

①地縄張り・遣り方工事

地縄張りは、基礎の外周に縄やロープを使用して印をつけ、住宅の範囲を示すことを指します。また、建物のまわりに木杭などを打ち、基礎の高さを示すことを遣り方工事といいます。

②掘削工事(根切り)

重機をつかって、基礎を設置する地盤まで土を掘り返すのが掘削工事です。根切りと呼ばれる場合もあります。

掘削工事には大体の場合で1~2日程度かかります。また、掘削工事で出た土は、処分するために費用がかかります。

③砕石敷きと転圧

砕石とは、細かく砕いた石のことを指します。この砕石を地盤全体に敷くことで、地盤の耐久性を高めることができます。砕石を敷いたあとは、「ランマー」という機材で転圧(土砂やアスファルトに力を加えて空気を押し出し密度を高めること)を行い、沈下しないしっかりとした基礎を作っていきます。

なお、砕石を敷く工程は半日程度かかることが多いです。

④防湿シートを敷く

基礎全体に敷いた砕石の上に、防湿シートを敷きます。防湿シートは、床下からの湿気を防ぐために使用します。

⑤捨てコンクリートを流す

基礎の外周部分に、住宅を建築する位置を示すための印である「捨てコンクリート」を流します。なお、捨てコンクリートにひびが入っていたとしても、基礎の強度とは関係がないので問題ありません。

⑥基礎配筋(鉄筋を組む)

基礎配筋とは、基礎用の鉄筋を組むことを指します。基礎配筋は、建物にあわせたコンクリートの強度(設計強度)にのっとり組んでいく必要があります。

基礎配筋の工程は、一般的に2~3日程度かかります。

⑦基礎の外周に型枠を組む

基礎の外側にコンクリートが漏れ出すのを防ぐために、基礎の外周に型枠を組んでいきます。

⑧コンクリートを流す

基礎のベースにコンクリートを流したあと、コンクリートを平らにならしていきます。ベース部分のコンクリートが乾いたら、基礎内部の床から垂直に立ち上がる部分に型枠を組んでいき、さらにコンクリートを打設します。なお、コンクリートを流すことを打設といいます。

コンクリートを基礎内部の隅々まで行き渡らせたら、流動性の高いコンクリートで基礎の天端(天辺の意味)を水平にします。

⑨養生

基礎に打設したコンクリートを乾燥させるために、ブルーシートなどを使って養生を行います。養生をしっかり行うことで、基礎の寿命を伸ばすことができます。

なお、養生の期間は基本的に5日間、夏場など気温が高い季節でも3日間は必要です。

⑩型枠を外し仕上げ

養生が終わりコンクリートがしっかり固まったら、型枠を外していきます。最後に仕上げとして、不要な部分を除去する「バリ取り」を行ったり、給湯器置き場や土間などを打設したりして基礎工事の工程はすべて完了です。

基礎は家の寿命を決める大事な要素

この記事では、住宅の土台となる基礎工事について、種類や工程・流れをご紹介してきました。

最初にお話したとおり、基礎は地震のときの揺れや不同沈下から住宅を守り、家の寿命を左右する重要な要素です。

そのため、長く安心した住宅に住みたければ、家の基礎まで手を抜かない住宅会社に依頼することがとても大切です。信頼できる住宅会社を選ぶためには、WEBサイトの施工実績などを見て判断すると良いでしょう。

熊本県の住宅会社「As・Rising」は、お客様が「建ててよかった」と心からおもえる住宅づくりを常に心がけています。熊本県でずっと安心して住める家を建てるなら、「As・Rising」までご相談ください。

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ