エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

  • 会社概要
  • サイトマップ

無料資料請求

  • ライジングの家づくり
  • 手が届く「無垢の家」
  • 平屋の家づくり
  • 平屋みたいな2階建て
  • 標準仕様Nシリーズ
  • 優れた住宅性能
  • 施工例ムービー
  • イベント情報
  • 家づくりスタッフ紹介
  • 家づくりブログ

エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

メニューを開くボタン

実は意味がない?ハウスメーカーにおける坪単価の意味や計算方法

家の坪単価について、正しく理解していますか?

「坪単価が安い=コスパが良い」というような認識は、場合によっては大きな間違いです。

この記事では、坪単価についての正しい知識と注意点をご紹介していきます。

坪単価ってなに?

ここでは、坪単価の計算方法や基準についてご紹介していきます。

坪単価とは、「1坪当たりの建築費」のことを指しています。「1坪当たりの建築費」とは、家を建てたときに1坪あたりに換算するといくらかを表しています。

坪単価の計算方法

坪単価は、以下の計算式で導き出すことが出来ます。

坪単価=家の本体価格÷延床面積

延床面積とは?
「延床面積」とは、家の床面積の合計面積のことを指します。例えば、2階建ての家であれば、1階と2階の床面積の合計が「延床面積」になります。なお、バルコニーやポーチは「延床面積」には含みません。

バルコニーやポーチを床面積に含む場合は、「施工面積」になります。

ハウスメーカーで変わる坪単価の基準

坪単価は1坪あたりの建築費を示しているため、一見すると「住宅会社・ハウスメーカーで家を建てる際の価格比較に使えるのでは?」と思う方もいると思います。

しかし、ハウスメーカーによって坪単価の基準となる「家の本体価格」の出し方が異なります。たとえば、家の本体価格に「照明器具や家電製品(エアコンなど)や屋外配管の費用」を含んでいるハウスメーカーもあれば、そういった費用を含んでいないハウスメーカーもあります。

このように、ハウスメーカーによって坪単価の元になる「家の本体価格」自体が異なることは覚えておきましょう。

坪単価を左右する要素

ここでは、上記で坪単価を左右する要素についてお伝えしていきます。

「延床面積」と「施工面積」どちらで計算してるか

先程も少し解説しましたが、坪単価は家の本体価格を「延床面積」で割って算出します。しかし、ハウスメーカーによっては「施工面積」で割ることで、坪単価を安く見せようとする場合があるので注意が必要です。

  • ○延床面積:家の床面積の合計面積
  • ○施工面積:バルコニーやポーチを含んだ合計床面積

設備費用を家の本体価格に入れるかどうか

こちらも先程少しお伝えしましたが、エアコンや証明器具、配管費用などを「家の本体価格」に含んでいるかどうかでも、坪単価は大きく変わります。

設備のグレードや家の材質など

坪単価は、設備の質や家の材質でも変化します。例えば、グレードの高いシステムキッチンや、大理石の床を使用している場合は、家の本体価格が上がるため坪単価も値上がりします。

家の広さ

通常は広い家のほうが本体価格が上がりますので、坪単価も上がると思うかもしれません。しかし、家の広さが狭くなったとしても、トイレやキッチン、お風呂など必要な設備の数は変わらない(家の本体価格にそれほど差は出ない)ため、狭い家は坪単価が上がり、広い家は坪単価が下がる傾向にあります。

2階建てかどうか

平屋(1階建て)と2階建ての坪単価を比べた場合、2階建てのほうが坪単価は安くなる傾向にあります。例えば 総坪数が 30坪の家を建てる場合、平屋のほうは基礎部分と屋根も30坪分の広さが必要ですが、2階建て(1階15坪・2階15坪)の場合は基礎部分と屋根も15坪の広さで済みます。

つまり、1階建てと2階建てで総坪数が同じ家を建てた場合、2階建てのほうが基礎部分と屋根の坪数が少なくなり費用が下がるので、2階建てのほうが坪単価は下がることになります。

「坪単価」は規格住宅のセールスツール?

ご説明してきた通り、「坪単価」は家の本体価格に何を含めるかでも変わりますし、家の材質などでも変わってくる性質を持っています。つまり、お客様のご要望に合わせて家を造っていく注文住宅の場合、「家が完成するまで坪単価は分からない」ということになります。

「坪単価○○円!」といったいった形で宣伝している住宅会社やハウスメーカーは、おそらく「規格住宅」を販売している会社だと思います。規格住宅の場合、ハウスメーカーや住宅会社があらかじめ設備や間取り、材質などを決めておけますので、事前に「坪単価」を提示することができるためです。

「坪単価」の安さを強調しているハウスメーカーには注意!

もちろん、「規格住宅」で家を建てたいと思っているお客様にとっては、「坪単価」は有効な指標になるかもしれません。ただし、坪単価の安さを強調しているメーカーは、家の本体価格から設備費用を抜いたり、延床面積ではなく施工面積で計算しているケースがあるので注意が必要です。

規格住宅を販売しているハウスメーカーの中でも、坪単価の出し方がバラバラであるということは覚えておきましょう。

注文住宅の坪単価はお客様次第で決まる

上記の通り、規格住宅ではあらかじめ坪単価を出すことができますが、注文住宅では事前に坪単価を出すことはできません。なぜなら、間取りや床の素材、断熱材、キッチンなど設備のグレードによって、最終的な「家の本体価格」が変わってくるためです。

そのため、注文住宅で家を建てたいと思っている場合は、坪単価はあまり基準にはならないと知っておくことが重要です。

「エーエス・ライジング」では、お客様のご要望にあわせた最適な「注文住宅」を建てることを心がけております。注文住宅を建てたいと思っている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求|エーエス・ライジング株式会社

Call:096-334-0924

AsRising エーエス・ライジング株式会社
熊本県熊本市南区江越2丁目9−20
TEL:096-334-0924
URL:https://asrising.co.jp/
心から「建ててよかった」と思える家づくり。エーエス・ライジングは熊本のハウスメーカーです。新築・注文住宅・平屋・自然素材・無垢材の家・ZEH(ゼッチ)の家をご満足いただける価格と品質でご提供致します。エーエス・ライジングはより快適で理想の暮らしをご提供する住宅会社です。
エーエス・ライジング株式会社は、熊本のハウスメーカーです。一戸建て新築注文住宅・住宅ローンやライフプランのご相談・土地探しまでトータルサポートいたします。住宅性能がよく、お求めやすい価格で設計士と作るデザイン住宅・平屋まで、熊本のお客様の理想の家づくりをお手伝いさせて頂きます。また、完全自由設計の注文住宅なので経験豊富なスタッフがお客様にベストなプランや間取りをご提案いたします。ライジングはZEH(ゼッチ)ビルダー登録済ですので光熱費を抑えた、快適で環境に優しいエコな家づくりもおまかせ下さい。

©COPY RIGHT AsRising All Right Reserved produced by takec INC.

  • Call:096-334-0924
  • 資料請求
  • ページトップ