BLOG

図面の見方・読み方のコツは?記号や三角法、尺度、寸法等を解説

そもそも図面の目的とは?

図面の一番の目的は、「情報伝達」です。たとえば注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーや工務店が図面を描き、それをお客様である施主(家を建てる人)に見せて打ち合わせをしたり、実際に家を建てる大工などの職人に渡してどういう家にするのかを具体的に伝えたりします。

図面がないと、具体的な情報を共有することができないため、家づくりをスムーズに行う上で図面は欠かせないアイテムと言えます。

また、描く人によって図面の描き方が違っていては、情報伝達・情報共有の役目を果たせません。そのため、図面は「日本工業規格(JIS)の製図法」という共通規格に基づいて描かれています。

図面が読めないと何が困る?

施主にとって図面が読めないということは、「どんな家が建つのか分からない」ことになります。また、図面が読めないと、ハウスメーカーや工務店の担当者と打ち合わせをしたときに、自分自身の希望がちゃんと図面に反映されているのかも判断ができません。

図面を読めるようになることで、ハウスメーカーや工務店と「正しいコミュニケーション」が取れるようになります。

主な図面の種類

ここからは、主な図面の種類をご紹介します。

平面図(間取り図)

平面図は、「間取り図」として認識されている図面で、建物の各階のフロアを水平に切り取って示した図面です。平面図(間取り図)を読むことで、用途や広さといった各部屋の構成や、各部屋の動線、壁や開口部の位置、耐力壁の位置などを把握することができます。

注文住宅を建てる場合、施主が目にするのは主にこの平面図(間取り図)になると思いますので、平面図(間取り図)に使用される記号の意味などは理解しておいたほうが良いでしょう。

付近見取図

付近見取図は、建物を建てる土地がどの地域に位置しているのかや、周辺になにがあるかを示すための図面です。付近見取図を読むことで、建物を建てる土地の法的規制や建ぺい率などを把握することができます。

配置図

配置図は、敷地と建物の位置関係や、建物の配置を示す図面です。配置図を読むことで、建ぺい率や車庫の配置、道路から入り口までの動線、採光の確保状況などを把握することができます。

立面図

立面図は、建物の外観を示す図面です。立面図を読むことで、建物の高さや開口部の位置・大きさ、屋根の形状など、建物の外観に関する特徴を把握することができます。

断面図

断面図は、建物を縦に切って、地面からの高さを示した図面です。断面図を読むことで、各部屋の床や天井までの高さ、開口部の高さ、屋根の勾配などを把握することができます。

矩計(かなばかり)図

矩計図は、建物の構造などを詳細に示した垂直断面図です。矩計図を読むことで、地盤と基礎の構造、断熱材の有無、柱材の収まり、屋根材の勾配・葺き方などを把握することができます。

図面の見方・読み方

ここからは、図面の読み方について、詳しく見ていきましょう。

図面の尺度(縮尺)とは?

図面の尺度(縮尺)は、実寸台のサイズから縮小して図面に描く際の、縮小比率のことを指します。尺度(縮尺)は、「1/10」~「1/1000」程度の間で描かれることが多く、端数(「1/65」など)は使用しないのが特徴です。

三角法とは?

三角法(第三角法)は、対象物の形を正しく捉えるための手法で、基本的に平面・正面・側面の三面図で構成されるので「三角法」と呼ばれます。三角法は投影法の一種で、主に日本などで使われています。同じく投影法の一種である一角法は、主にヨーロッパを中心に使用されています。

図面上の「線」の見方・読み方

図面は、線の種類によっても意味が異なります。図面で使用される主な線は以下の通りです。

○太い実線:手前に見える対象物の形状を表します。
○細い実線:奥に見える対象物の形状や寸法線・記号などを表します。
○破線:見えない部分の対象物の形状を表します。
○細い一点鎖線:図形の中心線や、通り芯(柱や壁の中心線)を表します。

図面上の「寸法」の見方・読み方

図面上の寸法は、以下の要素で構成されています。

○寸法値:寸法線の上に表示される数値で、長さや角度などを表します。
○寸法線:面や角度の上に表示される線です。
○寸法補助線:寸法線の端から下に伸びる線です。

なお、寸法には「寸法補助記号」と呼ばれる記号も使用されます。寸法補助記号は、寸法値の前に付けて、寸法値に意味を持たせる役割があります。

●寸法補助記号一覧
○Φ(ファイ・マル)/D(ディー):直径
○r・R(アール):半径
○t(ティー):板の厚さ
○C(シー):45°の面取り
○□(カク):正方形
○SΦ(エスファイ・エスマル):球の直径
○SR(エスアール):球の半径

図面上の記号の見方・読み方

ここからは、図面上の記号の意味や読み方についてご紹介していきます。

平面表示記号

平面表示記号は、平面図(間取り図)において、建具・開放部などの形状を表す記号です。平面表示記号には、以下のような種類があります。

○方位(矢印の先が北を意味する)
○片引き戸
○片開き戸
○引違い窓
○縦滑り出し窓
○階段

材料構造表示記号

材料構造表示記号は、建築などで使用する材料や構造などを表す記号です。材料構造表示記号には、以下の種類があります。

○コンクリート(3本斜線)
○鉄骨(形鋼により異なる)
○地盤
○割栗
○鉄筋(構造用やサイズにより複数あり)
○木造(構造材)
○木造(補助構造材)

建具開閉表示記号

建具開閉表示記号は、住宅の建築などで、建具の開閉を表す記号です。以下の種類があります。

○両引き
○両開き
○引違い
○片引き

略語

略語とは、図面で使用される各用語を略した記号・言葉です。略語には、主に以下があります。

○幅/高さ/長さ:W/H・h/L
○縮尺:S
○鉄骨:S
○鉄筋コンクリート:RC
○鉄骨鉄筋コンクリート:SRC
○軽量鉄骨:LGS
○鋼製戸:SD
○鋼製窓:SW
○地下1階:B1F
○中2階:MF
○柱:C
○大梁/小梁:G/B

図面を読めると家づくりをスムーズに進められる

一軒の注文住宅を建てるだけでも、この記事で紹介したような様々な図面が使用されます。これから家を建てようと思っている方は、「こういう家にしたい」という具体的な希望がある場合、その希望をハウスメーカーや住宅会社に正確に伝える手段として、図面を読めるようになっておくと便利です。

もちろん、いくら図面が読めても、コミュニケーションが円滑に行えないような住宅会社・ハウスメーカーでは、良い家はつくれません。

熊本県の住宅会社「As・Rising」は、お客様の希望を最大限きいて、「建ててよかった」と心からおもえる注文住宅をつくり続けています。熊本県でずっと安心して住める家を建てるなら、「As・Rising」までご相談ください。

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ