BLOG

ユニットバス?在来工法?新築住宅にオススメなお風呂の選び方

新築に設置できるお風呂の種類

新築の注文住宅に設置できるお風呂の種類には、大きく分けて以下の3つがあります。

ユニットバス

現在もっとも流通しているお風呂が「ユニットバス」です。ユニットバスは、壁・床・浴槽をあらかじめ工場で生産し、新築物件のなかで組み立てて設置します。

「ユニットバス」のメリットは、組み立てにかかる時間を短縮できる点や、工場生産なので品質が安定している点が挙げられます。また、ラインナップも豊富で、価格帯も安価なものから高級なものまで揃っています。

デメリットとしては、既製品に近い感覚になりますので、個性的で「自分だけのお風呂」といった感じは無くなります。ただし、無個性ゆえにお手入れがしやすいといった利点もあるので、お風呂のデザインなどに関して特別なこだわりがない人には「ユニットバス」がオススメです。

在来工法の浴室

在来工法の浴室は、「造作バス」や「造作風呂」などとも呼ばれ、職人がゼロから造るお風呂のことを指します。

在来工法の浴室は、デザインの成約がない「自由度の高さ」が最大のメリットです。そのため、「ずっと憧れていたオシャレな浴室」や、「世界でたった1つのお風呂を作りたい」といったこだわりがある場合、在来工法であれば実現することができます。

デメリットは、「コストが高い」ことと、「工期が長い」こと、さらに「お手入れが大変」なことです。在来工法はユニットバスのように工場生産で生産したパーツを現場で組み立てるわけではなく、職人がすべてゼロから造るので、ユニットバスに比べてコストも工期も増えてしまいます。また、一般的にユニットバスよりも漏水しやすいという欠点もあり、その分お手入れも毎日しっかり行う必要があります。

ハーフユニット

「ハーフユニット」は、ユニットバスと在来工法の中間のようなお風呂です。浴槽と床はお手入れがしやすいユニットバスを採用し、壁と天井は在来工法で自由なデザインを実現します。また、コスト的にもユニットバスと在来工法の中間といったところです。

「個性は出したいけど、お手入れが大変なのは嫌だな……」という方にオススメなのが「ハーフユニット」の浴室です。

デメリットとしては、壁や天井に木材・漆喰などを使用した場合、ユニットバスよりもカビが生えやすい点が挙げられます。そのため、しっかりした換気設備や適度なお手入れなど、カビ対策が必要になります。

新築住宅に設置するお風呂で選ぶことができる素材については、次の項目をご覧ください。

素材からお風呂を選ぶ

新築住宅の浴室に使用できる素材には、以下のような種類があります。素材によってお手入れのしやすさなどが変わってくるので、特徴を掴んだ上で選択することが大切です。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

FRPとは「ガラス繊維強化プラスチック」のことで、保温性や耐久性に優れた素材です。衝撃にも強いため、浴槽や壁の素材として適しています。

デザインやカラーの種類も豊富でお手入れもしやすいですが、汚れがつくと目立ちやすいので注意が必要です。

人造大理石

人工大理石は、見た目や入浴時の肌触りが特徴的な素材です。FRPよりもコストは少し高めですが、掃除がしやすくデザインも豊富といったメリットがあります。

また、人工大理石にはアクリル系とポリエステル系の2種類があり、以下のような違いがあります。

○アクリル系:透明感・光沢があり見た目が美しい。耐熱性が高く衝撃にも強い。
○ポリエステル系:アクリル系よりも価格は安いが、質感・耐久性が少し劣る。

ホーロー

ホーローは、表面がコーティングされているためツヤツヤしているのが特徴です。また、汚れやカビがつきにくいメリットもあります。

その反面、経年劣化によってコーティングが弱まり、汚れ・カビが目立ちやすくなってしまう欠点もあります。そのため、表面のコーティングを定期的に塗り直す必要があります。

ステンレス

ステンレスは、耐久性が高い反面、水垢がつきやすくお掃除が大変といった特徴があります。以前は在来工法の浴槽に使われることが多かったステンレスですが、最近ではあまり採用されなくなった素材のひとつです。

タイル

タイルは、在来工法の浴室でよく使用される素材です。タイル単体でも使用できますが、FRPや人工大理石、ステンレスなどと組み合わせて使用することもできます。

タイルは耐久性に優れており、水垢やカビが発生しても簡単に取り除けます。しかし、経年劣化によりセメントにヒビが入り、漏水などに繋がるおそれがあります。

木製

ヒノキ風呂に代表される木製は、在来工法の浴室で使用されることがある素材のひとつです。木特有の豊かな香りによってリラックス効果が望めるので、毎日のお風呂を特別な体験にしたい方に向いています。

ただし、木は水に弱いため、メンテナンスを怠るとカビや水垢が広がってしまいます。そのため、防水対策やしっかりとしたお掃除・お手入れが欠かせません。

新築でのお風呂選びのポイント

ここからは、新築の注文住宅におけるお風呂選びのポイントを解説します。

広さは掃除しやすいサイズに留める

お風呂は広いほうが良いと思うかもしれませんが、広ければ広いほどお掃除・お手入れが大変になります。素材によっては毎日お掃除が必要なので、管理が大変になってしまいます。

そのため、しっかりお手入れができるサイズのお風呂を作ることが大切です。

使わないオプション品はつけない

お風呂を選んでいるときは、様々なオプション品に目移りすることもあると思います。しかし、使わないオプション品をつけても、無駄にコストが上がってしまうだけなのでオススメできません。本当に使うと思うオプション品に限ったほうが良いでしょう。

窓は換気のためにあったほうがいい

換気扇をつけている場合でも、換気のために窓はつけておいたほうが良いでしょう。窓によって換気効果がプラスされるだけでなく、太陽光による殺菌効果でカビの発生を防ぐ効果も期待できます。

マイホームに合う最適なお風呂を選びましょう

この記事では、新築の注文住宅に設置するお風呂について、浴室の作り方の種類や、素材の種類、お風呂選びのポイントを解説してきました。

浴室の作り方や素材によって、お風呂の価格や入浴の質、お手入れのしやすさ等が大きく変わってきますので、それぞれの特徴を正しく把握しておくことが大切です。

これから熊本県内で住宅を建てようと思っている方で、お風呂選びで迷っている方、詳しい業者に相談をしたいと思っている方は、熊本県内で多数の建築実績がある住宅会社「As・Rising」までお問い合わせください。

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ