エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

  • 会社概要
  • サイトマップ

無料資料請求

  • ライジングの家づくり
  • 手が届く「無垢の家」
  • 平屋の家づくり
  • 平屋みたいな2階建て
  • 標準仕様Nシリーズ
  • 分譲地情報
  • 施工例ムービー
  • イベント情報
  • 家づくりスタッフ紹介
  • 家づくりブログ

エーエス・ライジングロゴ

家の話、しましょう

TEL

メニューを開くボタン

シーリングライト?間接照明?照明を配置するテクニックや種類

戸建て住宅に配置する照明の種類や特徴

はじめに、戸建て住宅に配置する照明の種類や特徴についてご紹介していきます。

照明と一口に言っても、住宅につけられる照明にはさまざまな種類がありますので、それぞれ特徴をつかんでいきましょう。

シーリングライト

シーリングライトは、広い空間を均等に照らすのに適した照明器具です。天井を意味する「シーリング」の言葉通り、天井に直接取り付けることができるのが特徴で、最近では薄型なタイプが主流となっています。

リビングだけでなく、寝室や子供部屋など多くの部屋に適したライトと言えます。また、リモコン付きや調光・調色機能つきのシーリングライトもあります。

ダウンライト

ダウンライトは、天井に埋め込むタイプの照明器具です。天井をフラット(平面)に見せることができるので、すっきりとしたお部屋を演出したい場合に向いています。

また、ダウンライト一個の明るさはそこまで強くありませんが、複数個を使用すればお部屋全体を照らすメインの照明としても活用できますし、絵画などピンポイントを照らす役割としても活用できます。

ペンダントライト

ペンダントライトとは、ペンダントのように天井から吊るすタイプの照明です。用途としては、タイニングテーブルの上に設置して、テーブル全体を照らしたりするのが一般的です。

また、ダクトレールという照明部品を使うことで、複数個のペンダントライトを吊るしつつ、位置を変えることも可能です。

スポットライト

スポットライトは、お部屋のなかの特定の箇所のみを照らす用途で使用する照明器具になります。たとえば、お部屋のオブジェクトを強調するためにスポットライトを使用したり、特殊な素材の壁などをスポットライトで照らして強調するといった使い方です。

スポットライトはアイデア次第でさまざまな用途があるので、お部屋の目的にあわせて使用していくと良いでしょう。

フロアスタンドライト

フロアスタンドライトは、お部屋に設置するタイプの照明器具で、コンセントに挿して使用します。デザイン性が高い商品が多いため、インテリアの一環として使用されるほか、間接照明の補助照明などに使用される場合もあります。

デメリットとしては、お部屋に設置スペースを用意する必要がある点です。フロアスタンドライトをお部屋の照明として使う場合は、あらかじめ家具の配置などを計算しておく必要があるでしょう。

間接照明

間接照明とは、光を天井や壁などに当て、その反射光を利用してお部屋を照らす照明のことを指します。なお、間接照明には明確な定義があり、照明器具からの光が上方向に9割、下方向に1割以下の場合、間接照明として区分されます。

間接照明は、直接光で照らす照明と異なり、眩しくなく、温かみがあるのが特徴です。また、奥行きや広がりのあるお部屋を演出したい場合にも役立ちます。その一方、デメリットとしては、照度(明るさ)が低いので日常生活を送りにくい可能性もあります。

このデメリットに関しては、間接照明をアクセントとして使いつつ、スポットライトやフロアスタンドライトを利用するなどの工夫をほどこすことで解消できます。

ブランケットライト

ブランケットライトは壁面に設置するタイプの照明器具で、玄関灯としてもよく使われています。

もちろん屋内でも有用で、オシャレのお部屋を演出したいときや、スタンドライトを設置するスペースを省きたいときなどに使用するのも効果的です。

フットライト(足元灯)

フットライトは、夜間などに足元を照らす用途で使用される照明器具です。人感センサーつきのため、夜トイレなどに行くとき、廊下や階段などに設置しておくと自動で照らしてくれるため、転倒したりするリスクを下げてくれます。

また、後付タイプのフットライトはコンセントを埋めてしまうので、住宅を建てる際にあらかじめ設置を依頼しておくと良いでしょう。

各お部屋ごとのオススメ照明

ここからは、各お部屋ごとにオススメしたい照明をご紹介していきます。

リビングにはシーリングライトがオススメ

家族全員が集まるリビングには、部屋全体を均一に照らすことができるシーリングライトがオススメです。シーリングライトには10畳用や20畳用など、畳数ごとに適したサイズが用意されていますので、リビングの畳数・広さにあったシーリングライトを選びましょう。

また、天井をフラットに見せたい、スッキリしたお部屋にしたいといった要望がある場合は、ダウンライトもオススメです。

ダイニングにはペンダントライトがオススメ

ダイニングには、ダイニングテーブルの上に天井から吊るすペンダントライトを設置するのがオススメです。またその際、先程もご紹介したダクトレールという照明部品を使用することで照明の移動が可能になり、テーブルの方向を変えたりしても対応することができます。

寝室にはリモコン操作できる照明がオススメ

寝室には、リモコン操作で調光・調色が可能なシーリングライトがオススメです。部屋が明るすぎると眠りにくいので、睡眠前は明かりを抑えるといったことが可能になります。また、調色によって温かみのある色に変えることもできるので、好みにあわせて調節することができます。

玄関は顔が明るく見える照明がオススメ

玄関は、お客様をお迎えするときに重要な場所です。その際、照明が暗いとお互いの顔がわかりにくく、お客様に失礼になってしまうこともあります。

そのため、玄関は明るい照明がオススメです。照明の種類としては、ダウンライトやフロアスタンドライト、ブランケットライトなどの中から、玄関のデザインに合ったものを選ぶと良いでしょう。

洗面所は昼白色の照明がオススメ

洗面所は、鏡にうつる顔色ができるだけ自然に近くなるように、昼光色(自然に近い白系色)のシーリングライトなどがオススメです。逆に青白い蛍光灯などを設置してしまうと、顔色が悪く見えてしまうので注意が必要です。

照明の配置で失敗しないポイントやテクニック

ここからは、住宅に照明を配置するうえで、失敗しないためのポイントやテクニックをご紹介していきます。

照明の種類をしっかり把握する

まずはこの記事でご紹介したように、照明の種類や特徴をしっかり把握しましょう。

間接照明を効果的に活用する

間接照明は、お部屋のコンセプトにあわせて活用すると効果的です。また、天井の中央部分を高めにする「折り上げ天井」にした場合、間接照明をつかって天井の高さを際立たせるといったテクニックもあります。

照明器具のメンテナンスのしやすさも考慮する

照明器具は、種類によってメンテナンスのし易さにも違いがあります。購入時は、メンテナンス方法まで考慮することをオススメします。

家を建てる前に照明計画をしっかり立てる

照明のなかには、あとから付けたいと思ってもできないタイプのものや、家をつくる際にライトを取り付けるの照明部品を設置しておかないといけないケースもあります。

できるだけお部屋のイメージを明確にして、依頼する住宅会社に相談するようにしましょう。

熊本県で家を建てるなら「As・Rising」へ!

この記事では、住宅に設置する照明の種類や、お部屋ごとのオススメ照明、失敗しないための照明配置テクニックやポイントなどをご紹介しました。

「これから家を建てる予定だが、照明の配置方法がよくわからない」
「雰囲気のある部屋にできる照明の配置方法が知りたい」

こういったお悩みやご要望がある方は、熊本県の住宅会社「As・Rising」までご相談ください。

熊本県の住宅会社「As・Rising」では、照明の配置方法についてお客様のご要望を聞きつつ、最適と思われるご提案やアドバイスもさせて頂いております。

熊本県で照明の配置まで納得した注文住宅を建てるなら、「As・Rising」にお任せください。

Call:096-334-0924

AsRising エーエス・ライジング株式会社
熊本県熊本市南区江越2丁目9−20
TEL:096-334-0924
URL:https://asrising.co.jp/
心から「建ててよかった」と思える家づくり。エーエス・ライジングは熊本のハウスメーカーです。新築・注文住宅・平屋・自然素材・無垢材の家・ZEH(ゼッチ)の家をご満足いただける価格と品質でご提供致します。エーエス・ライジングはより快適で理想の暮らしをご提供する住宅会社です。
エーエス・ライジング株式会社は、熊本のハウスメーカーです。一戸建て新築注文住宅・住宅ローンやライフプランのご相談・土地探しまでトータルサポートいたします。住宅性能がよく、お求めやすい価格で設計士と作るデザイン住宅・平屋まで、熊本のお客様の理想の家づくりをお手伝いさせて頂きます。また、完全自由設計の注文住宅なので経験豊富なスタッフがお客様にベストなプランや間取りをご提案いたします。ライジングはZEH(ゼッチ)ビルダー登録済ですので光熱費を抑えた、快適で環境に優しいエコな家づくりもおまかせ下さい。

©COPY RIGHT AsRising All Right Reserved produced by takec INC.

  • Call:096-334-0924
  • 資料請求
  • ページトップ