BLOG

エコキュートとは?新築住宅に設置するメリットや価格

エコキュートとは?

エコユートは、空気中の熱を使ってお湯を沸かす給湯機で、正式名称を「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言います。給湯機(給湯器)は、お風呂や台所などにお湯を供給するための住宅設備です。

エコキュートは、その名前にあるようにとても「エコ」な給湯器です。その理由は、空気中の熱を使って、少ない電力でお湯を沸かすことができるためです。

エコキュートの仕組み

エコキュートは、以下の仕組みでお湯を沸かしています。

①大気中の熱(冷媒)を電気を使って組み上げて、エコキュートの内部(ヒートポンプユニット)に取り込みます。

②ヒートポンプユニット内に取り込んだ熱をもった冷媒を圧縮機に送って圧縮します。

③圧縮してさらに高温になった冷媒を熱交換器に送ってお湯を沸かします。

④熱を水に伝えて温度がさがった冷媒を膨張弁に送り、さらに冷やします。

⑤①へ戻ります。

エコキュートと電気温水器の違い

エコキュートと同じく電気でお湯を沸かす給湯器に、電気温水器があります。

上記で解説したとおり、エコキュートは空気中の熱を吸収してお湯を沸かすため、電気代が少なくてすみます。それに対し電気温水器は、電気の力だけでお湯を沸かすため、エコキュートよりも電気代がかかってしまいます。

エコキュートの種類・タイプ

エコキュートには、大きく分けて3種類のタイプが存在しています。

フルオートタイプ

フルオートタイプは、エコキュートのなかで一番機能が充実しているタイプです。「お湯張り」「足し湯」「追い焚き」をすべて自動で行ってくれます。

また、あらかじめお湯の温度や量を設定しておくことで、温度が下がったりお湯が減少したりしたときに、自動的に調整を行ってくれます。

フルオートタイプは、機能が多い分、3種類のなかで価格も最も高くなります。

オートタイプ

オートタイプは、フルオートと給湯専用の中間に位置するタイプで、「お湯張り」と「足し湯」を自動で行ってくれます。

「保温」や「追い焚き」は手動で行う必要がありますが、フルオートに比べて価格は抑えることができます。

給湯専用タイプ

給湯専用タイプは、お湯張り、足し湯といった自動機能は無く、すべて手動で行う必要があります。したがって、お風呂をためたいときは蛇口をひねってお湯を出します。

給湯専用は3種類のなかで最も価格が低いので、初期費用を低くしたいと思っている方や、自動機能は必要ないと思っている方にオススメです。

新築住宅にエコキュートを設置するメリット

ここからは、新築住宅などにエコキュートを設置するメリットをご紹介します。

光熱費が安い

エコキュートにすることで、ガス給湯器や電気温水器の場合に比べて、光熱費が安くなることが期待できます。

エコキュートの光熱費は、気温などによっても変わるため、地域によって差が出ます。たとえば東京の場合であれば、月平均が約2,000円となっています。(パナソニックより出典)

エコキュート・ガス給湯器・電気温水器それぞれの年間光熱費を比較すると以下の通りです。

○エコキュート:約24,000円
○ガス給湯器(都市ガス):約58,800円(エコキュートの約2倍)
○電気温水器:約102,000円(エコキュートの約4倍)
※出典:パナソニック

オール電化プランを契約できる

エコキュートを導入することで、夜間の電気代が安くなる「オール電化プラン」を契約できるようになります。(オール電化プランの名称については、各電力会社で異なります。)

エコキュートは夜間にお湯を沸かすので、オール電化プランを契約することで、エコキュートで消費する電気代をさらに安くすることができます。

火災のリスクが減る

エコキュートは、ガス給湯器のように火を使ってお湯を沸かすわけではないので、その分火災のリスクをへらすことができます。

また、エコキュートの導入にあわせてオール電化住宅にすれば、給湯だけでなくキッチンと暖房も電気になるので、更に火事が発生する危険が少なくなります。ちなみに、オール電化住宅にした場合、ガスコンロはIHクッキングヒーターに、ガス・灯油暖房はエコキュートの熱を利用した床暖房などになります。

災害時、ガスより復旧が早い

地震などの災害時にインフラが停止したとき、ガスよりも電気の復旧のほうが早いと言われています。そのため、エコキュートにしておけば、災害時でも早くお湯が使えるようになります。

エコキュートの価格・費用

ここからは、エコキュート本体の価格や、一般的な設置・工事費用の目安についてご紹介していきます。

エコキュートの設備費用

エコキュート本体の価格は、およそ「17~25万円」程度です。ただし、機種や購入する店舗で価格は異なります。

エコキュートの新規設置工事費用

エコキュートの新規設置工事費用は、電気工事・水道工事を合わせておよそ「15~30万円」程度です。ただし、設置を行う業者によって、工事費用は異なります。

As・Risingではエコキュートが標準仕様

この記事では、エコキュートについての基礎知識や、導入メリットなどについてご紹介してきました。

なかには、「新築でエコキュートをつけるには、別途注文しなくてはいけないの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。新築にエコキュートを取り付ける際の費用は、ハウスメーカーによってケースバイケースです。

たとえば、家の購入費用とは別にエコキュートの設置費用がかかるハウスメーカーもあれば、最初からエコキュート・オール電化が標準になっている住宅会社もあります。

As・Risingの注文住宅も、エコキュート・オール電化が標準仕様なので、追加費用を気にすること無く、ランニングコストに優れたエコキュートつきの家を購入することが可能です。

熊本でエコキュートつきの住宅を建てたい方は、ぜひAs・Risingにご相談ください。

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ