BLOG

どっちがお得?建て替えと住み替え(土地から購入)を徹底比較!

家を建て替える場合のメリット・デメリット

まずは家を建て替える場合のメリット・デメリットからご紹介していきます。

家の建て替えとは?

家の建て替えとは、これまで住んでいた家を取り壊し、新しく家を建築することを指します。そのため、一時的に現在の家(土地)から離れて、仮住居に暮らす必要があるのが最大の特徴です。

家を建て替える場合のメリット

家を建て替える場合のメリットは、以下の点が考えられます。

土地を探す手間や費用がかからない
家を建て替える場合のメリットして考えられるのが、「土地を探す手間や費用がかからない」という点です。これまで住んでいた家を壊して建て替えるわけですから、住み替えのように土地を探し手間や購入費用が不要なのは大きなメリットと言えます。

慣れた土地にそのまま住み続けられる
建て替えの場合、新しい家が建ったあとでも、住んでいる地域はこれまでと同じです。そのため、慣れている土地で暮らし続けることができるので、新しいご近所付き合いや買い物、通学・通勤などの日常生活も変わらず続けることができます。

今までの間取りの不満点を解消できる
家を新しく建て替える建て替えでは、これまで不満に思ってきた間取りも、新しい家の間取りを考える際に解消することができます。

家を建て替える場合のデメリット・注意点

家を建て替える場合のデメリット・注意点は以下の通りです。

建替え中は仮住まいが必要
建替え中は家がなくなってしまうので、仮住まいとしてアパートやマンションに引っ越す必要があります。なお、建て替えに必要な工事期間は約半年ほどです。

引っ越しが2回必要
建て替えの場合、「仮住まいへの引っ越し」で1回と「仮住まいから新居への引っ越し」で合計2回の引っ越しが必要になります。2回の引っ越しは手間ですし費用もかかるので、建て替えのデメリットと言えます。

法改正で同じ床面積の住宅が建てられない場合も
建築基準法や都市計画法などの変更によって、これまでと同じ床面積の住宅が建てられないケースもあります。つまり、場合によってはこれまでの家より床面積が狭くなる可能性があるということです。

解体工事や滅失登記に費用がかかる
建て替えの場合、解体工事や滅失登記に費用がかかってしまいます。

土地によっては建て替えができない場合も
土地によっては、建て替えができないケースもあります。住宅会社に建て替えが可能かよく確認しましょう。

家を住み替え(土地から購入)する場合のメリット・デメリット

ここからは、住み替えする場合のメリット・デメリットをご紹介していきます。

家の住み替え(土地から購入)とは?

家の住み替えとは、別の場所に土地を買って、そこに新たに家を建てて引っ越すことを指します。なお多くの場合、古い家は売却して新築用の資金に充てられます。

家を住み替え(土地から購入)する場合のメリット

家を住み替え(土地から購入)する場合のメリットは、以下の点が考えられます。

仮住まいをする必要がない
家の住み替えであれば、建て替えの時のように仮住まいを用意する必要がありません。

引っ越しが1回で済む
住み替えの場合、古い家に住んで新築ができたら引っ越せば良いので、引っ越しが1回で済みます。

新築の建築費に家の売却費用を充てられる
住み替えでは、古い家の売却費用を、新しい家の建築費に充てることができるのもメリットの1つです。

これからの生活スタイルにあった生活環境を選べる
住み替えは新しく住む場所を選ぶことができます。そのため、子どもの成長など今後のライフスタイルの変化に合わせて、最適な土地を選ぶことが可能です。

家を住み替え(土地から購入)する場合のデメリット

家を住み替え(土地から購入)する場合のデメリットは以下の点が考えられます。

住宅ローンを一括返済する必要がある
家を住み替え(土地から購入)する場合、住宅ローンを一括返済する必要があります。
ただし、一般的には家の売却資金で住宅ローンを一括返済することになりますが、新築の土地購入と家を売却するタイミングを合わせる必要があります。
タイミングが合わない場合、住み替え先の家の住宅ローンに払いきれなかった住宅ローンの残債を上乗せする形になってしまいます。

土地と家を売却する手間が発生する
家の住み替えの場合、古い家を売却するために手間が発生します。

土地と家の売却価格が思ったより低い場合がある
上記の住宅ローンの関係や景気などによって、不動産価格は上下しています。そのため、思ったよりも土地と家の売却価格が低い場合も考えられます。

不動産仲介手数料や登記費用、各種税金がかかる
住み替えの場合、古い家と土地の売却時と、新しい家と土地の購入時に、不動産仲介手数料や登記費用、各種税金が必要になります。

新しい環境に馴染む必要がある
住み替えの場合、これまで住んでいた土地とは環境が変化しますので、新しいご近所付き合いや通学・通勤路に慣れる必要があります。

「建て替え」か「住み替え」かで迷ったら「As・Rising」へ!

この記事では、「建て替え」と「住み替え(土地から購入)」それぞれで家を建てる場合のメリット・デメリットについて解説してきました。

既にどちらか一方で家を建てることを決めている人は良いのですが、なかには「建て替え」か「住み替え」かで迷っている方も居られるのではないでしょうか?

熊本県の住宅会社「As・Rising(エーエス・ライジング)」にご相談いただくことで、お客様のお家が建て替え可能かどうか判断したり、「建て替え」と「住み替え」どちらがオススメかをお客様ごとにご提案させて頂いたりすることが可能です。

熊本県で「建て替え」か「住み替え」かを迷ったら、ぜひ一度「As・Rising(エーエス・ライジング)」までご相談ください。

>>お問い合わせ・資料請求|エーエス・ライジング株式会社

平屋みたいな2階建て

平屋みたいな2階建て

平屋

平屋

無垢材・自然素材の家

無垢材・自然素材の家

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

かっこかわいい家づくりCOMMIT(コミット)

注文住宅施工事例

注文住宅施工事例

家具・インテリアショップRiS
家の話豆知識

家づくり無料相談

Call:096-334-0924

ページトップ